2021年06月21日

2021明治安田生命J1リーグ 第18節 (H)vs 湘南ベルマーレ

0620_kv_pc.jpg

明治安田生命J1リーグ 第18節 2021年6月20日(日) 19:04K・O(H)埼玉スタジアム vs 湘南ベルマーレ @DAZN

スターティングメンバーがGK 鈴木彩艶選手 DF 西選手、岩波選手、槙野選手、明本選手

MF 田中達也選手、金子選手、伊藤敦樹選手、大久保選手 FW 小泉選手、キャスパーユンカー選手

SUB 西川選手、山中選手、トーマスデン選手、柴戸選手、関根選手、杉本健勇選手、興梠選手

E4T2bxVVUAIp4KT.jpeg

岩波選手、槙野選手の二人以外は今年の加入選手。大久保選手リーグ初スタメン。

E4VoIlkUUAEgTUL.jpeg

序盤セットプレーが続く。右サイドでFK獲得。大久保選手がゴール前に送ったボールはクリアされたが、

こぼれ球を拾ってショートパスで左サイドへボールを運び、小泉選手と明本選手のパス交換からゴール前に低いクロスを送る。

これをキャスパーユンカー選手がスルー、槙野選手が相手ともつれて倒れながらもつなぎ、

キャスパーユンカー選手ゴール左へ流し込む。

E4UlcqOVEAIw3UR.jpeg

公式戦3試合連続かつJ1リーグ6試合で6ゴール目が決まり、9分に先制した。

その後デンマーク国旗はためくゴール裏へ駆け寄り雄たけびを!!

先制したが、27分ミスからボールを失いゴールを奪われ、同点に追いつかれた。

しかしその後は主導権は渡さず、カウンターやセットプレーでのチャンスもあったが得点には至らず。

ここでハーフタイム

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

rica-4.jpg

・「守備はしっかりポジションをとり、奪うときはコンパクトに」

・「相手が前がかりなので、裏を使おう」

・「スピードは浦和のほうが速い、使いどころを考えよう」

後半、前線からのプレスより強めて敵陣でボールを奪い返す回数を増やし、優位に試合を進めていたように見えた。

素早いカウンターを発動。相手のクロスを西 選手が頭で跳ね返すと、自陣でキャスパーユンカー選手が上手く頭でつないで前方へダッシュ。

小泉選手が相手3人の間を通すビューティフルなスルーパスを送ると、キャスパーユンカー選手がトップスピードのドリブルのまま

前に出てきたGKを見て芸術的なループシュート。GKの頭を越え、美しい孤を描いてゴールに吸い込まれ、勝ち越し!

E4UlcqOVEAIw3UR.jpeg

その後もキャスパーユンカー選手が強烈なシュートを放ったがポストに直撃の惜しいシーンがあった。

64分に田中達也選手→関根選手・金子選手→柴戸選手と同じポジションでの選手交代65分には左サイドから鋭い切り返しで相手をかわした大久保選手がシュートを放ち、その後もキャスパーユンカー選手が

2度シュートを放ったが、いずれもGKにセーブされ更なる追加点にはならず。

こうなるとそこで点取れていなかったのが悔やまれるってことが良くあるがやっぱりねって感じで70分にゴールを奪われ同点とされる。

西選手のクロスに対する寄せが一瞬緩かったのか、彩艶選手の判断なのか、それとも敵FWとの間にいた槙野選手が邪魔になったのか。

たが、ここからが今年は違うと感じていたのでまだ残り時間は十分。勝利への意欲を見せていたかに見えたが。

75分に小泉選手→興梠選手と交代。

そうだろうけどそうじゃないんじゃないかと思ったんだけどね。

キャスパーユンカー選手がターンしながらワンタッチで前に送り、PA内の右から関根選手のシュート。

また、キャスパーユンカー選手が持ち上がりPA内にパスを出すが興梠選手とは息が合わず得点ならず。

攻撃を続けたが、87分にゴールを奪われる。

90分に大久保選手→杉本健勇選手と交代するもゴールを目指して敵陣でプレーを続けたレッズだったが、2-3のままタイムアップを迎えた。

E4UvBS3UcAAQFVQ.jpeg

リーグ戦は5月1日以来の敗戦となった。

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica620t.jpg

「少し説明するのが難しい試合になってしまったと思っています。いい試合ができたとは思います。

相手に危険な場面を作らせることもほとんどなかったですし、1-1になったシーンは少しアクシデントのような形で失点してしまいましたけど、

2-1にした後もポストに当てるシーンや、いくつかのゴールチャンスを作れていたので、そういうときに3-1にできていれば、

というところでした。

ただ、2-2に追いつかれた後もチャンスを作れていて、3-2と勝ち越せるチャンス自体はありました。そういった最後の最後の決定力が、

今回の試合では欠けてしまったと思います。やはりサッカーではこういったところをしっかり決めきれないことで、

相手もそういうところにつけ込んで、おそらくそこまで多くのゴールチャンスは作れていないでしょうけどそのチャンスをしっかりと全部生かして、

必要な分だけゴールを決めて勝った、という試合になってしまいました。

我々としては、そういったところを今後に生かしていければと思います」

試合後の彩艶選手は反省しきりで自責の念に駆られていたように見える。

が、長い選手人生の中、特にスタートしたばかりこういうときもある。これを糧にさらなる成長を。

同じ思いをたくさんの先輩方もしているし、身近に荻原選手がそうだっただろ。強くなれ! 期待しているから。

次戦、6月23日(水)19時KO (A)三協フロンテア柏スタジアムで、明治安田生命J1リーグ 第19節 vs柏レイソル

(今日噂が出てましたけど、選手としてどうなんだろうね試合前にこの情報って)

E4Xrr4hUcAY8imb.jpeg

620r_4.jpg

620r_2.jpg

620r_3-1.jpg

620r_5.jpg

620r_3.jpg

620r_2-1.jpg

620r_1-2.jpg

620r_4-1.jpg
























posted by owemyown at 20:45| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月14日

JリーグYBCルヴァンカップPO 第2戦(H) vsヴィッセル神戸

nextmatch_yoko_0613.jpg

JリーグYBCルヴァンカップPO第2戦 2021年6月13日(日) 18:03KO・(H)浦和駒場スタジアム vs ヴィッセル神戸@フジテレビONE

E3vmCm7VoAQ_wNF.jpeg

<スターティングメンバー>

GK 西川選手 DF 宇賀神選手、トーマスデン選手、槙野選手、山中選手 MF 関根選手、金子選手、伊藤敦樹選手、汰木選手

FW 小泉選手、キャスパーユンカー選手 SUB 塩田選手、岩波選手、西選手、田中達也選手、阿部選手、杉本健勇選手、興梠選手

16分 小泉選手浦和初ゴール

8435.jpg

ユンカー選手も狙えたがより確実性のためか小泉選手へのやさしいパス

この後失点しまた問題行動が。それについては書きません。

45+3分 キャスパー ユンカー

8436.jpg

メッセージを込めた得点。まさに新たなるエース。

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

rica-4.jpg

・「相手のシステムの空いているスペースを使おう」

・「前からのディフェンスの際は後ろのラインもしっかりと上げよう」

・「守りに入らず、しっかり戦っていこう」

61分 キャスパー ユンカー選手→興梠選手・山中選手→西選手

74分 小泉選手→杉本健勇選手・金子選手→阿部選手

この後セットプレーで失点し同点に追いつかれ

90分宇賀神選手→岩波選手で何とか同点で試合終了

8437.jpg

結果アウェイでの勝利が効きプライムステージ進出を決めた。

リカルド ロドリゲス監督 神戸戦試合後会見

20210613_ricardo.jpg

「まず、神戸がすごくいいプレーをしたという第一印象があります。我々としても力強く試合に入ったつもりなのですが、

彼らがすごくいい試合をした印象です。我々はその中で先制に成功しましたが、割と早く追いつかれてしまったのは少し残念なところでした。

ただ、追いつかれた中でも結果的には2点目を取ることができましたし、前半には点を取れそうな場面も作れていたので、

そこをいかに決められるかが次に大事になってくると思います。

プレッシングがなかなか決まらないところもあり、最終的にはアドバンテージがある中、

FKで(アンドレス)イニエスタ選手に同点ゴールを決められてしまいましたけど、最後の最後までチームはああいった緊張感の中、

耐えながらやれたと思います。

こういう試合ですので足がつった選手が出て、それによってディフェンスラインを5枚にしないといけませんでした。

できればそういったことはしたくはないのですが、今回はやむを得ず、そして守り切るのに必要な選択をしました。

選手たちはよくやってくれたと思います。大事だったのは次のステージに進むことでしたので、その目標を達成できて良かったと思います」

次戦、6月20日(日)19時(H)埼玉スタジアムで、明治安田生命J1リーグ 第18節 vs湘南ベルマーレ戦

0620_kv_pc.jpg

20210613_gamereport_1.jpg

20210613_gamereport_2.jpg

20210613_gamereport_4.jpg

613r_4.jpg

613r_1.jpg

613r_3.jpg

613r_2.jpg

20210613_gamereport_3.jpg

ゴールは喜んだし、けどドロー。駒場の映像素晴らしかったけど、試合中の観客(サポとは言わないよ)の振る舞いはどうだったの。

ユンカー選手のゴール&メッセージは素晴らしかったけど彼にゴールを決められるのが悔しい。













posted by owemyown at 23:45| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月10日

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 2回戦 vsカターレ富山

0606_mv_pc.jpg

2021年6月9日(水) 19:03KO・(H)浦和駒場スタジアム vsカターレ富山 @BSスカパー

天皇杯初戦 駒場スタジアム 嫌な記憶がいくつも思い浮かぶが今回はどうなの?てことで

<スターティングメンバー>

GK 西川選手 DF 西選手、トーマスデン選手、岩波選手、山中選手 MF 田中達也、金子選手、阿部選手、大久保選手

FW 小泉選手、キャスパーユンカー選手 SUB 塩田選手、宇賀神選手、槙野選手、伊藤敦樹選手、汰木選手、杉本健勇選手、興梠選手

8343.jpg

思った以上にガチメンバー

戦前ロドリゲス監督のコメントで危険な戦いとトーナメントのことをおっしゃられていたのが印象的

Go to ASIAへの新たなる大事な初戦

トーマスデン選手がケガから交代したが無事スタメン復帰で大事に至らなかって良かった。

が、敵9番の度重なるファールを受けちょっといらいらと。

上手く対策されボールは回るが攻めきれてなく、ユンカー選手にボールが収まらない。

0−0でハーフタイムへ

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

rica-4.jpg

・「攻撃は良いので継続していこう」

・「サイドからのカウンターに気を付けよう」

・「相手のゴール前の守備は固いので焦れずにやろう」

HTでトーマスデン選手→槙野選手と交代。バランスが悪かったのと怪我明けのためかな?

76分に阿部選手→興梠選手に交代でようやく最強2TOPお披露目で期待値MAX

そんなところに80分大久保選手の仕掛けにユンカー選手へパス

左アウトサイドで上手くバウンドを合わせて切り返し、少し浮いたボールをあえてショートバウンドでのシュート。

これがようやく先制点。

ルヴァンカップ、リーグ、天皇杯とデビュー初戦で全て得点とまさに新エースの誕生。

ゴール裏には話題のトスパで売り切れ続出のデンマーク国旗がはためいていた。

ユンカー選手のうまさは勿論大久保選手の仕掛けも良かったから右サイドもさらに競争激化

前半のフリーキックも阿部選手、山中選手と3人並んでいたのだが大久保選手がけるという心強さ。

81分にその大久保選手→汰木選手、山中選手→宇賀神選手と交代

90+1分には試合を締めにかかる小泉選手→伊藤 敦樹選手へと交代

でこのまま試合終了。

8372.jpg

もやもやしたが無事初戦突破。

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

20210609_ricardo.jpg

「すごくいい試合をしたと思っています。相手のカターレ富山がすごくいいチームでした。あらゆる面で戦って走り、

戦術的にもいろいろな面ですごく整理されているチームだったので、その相手に対して崩すもののゴールまでは、という場面が続きました。

ただ、その中でもしっかりとチャンスを作れていましたし、ゴールも取れました。1-0という結果にはなりましたが、チャンスの数を考えれば、

3回戦に進むにふさわしい内容だったと思っています。選手たちはみんなが一生懸命戦って、すごくいい働きをしてくれたと思っています」

この結果、3回戦進出となり、7月7日(水)vs SC相模原と決定しました。(開催場所未定)

次戦6月13日(日)18時KO(H)浦和駒場スタジアムでJリーグYBCルヴァンカップPO 第2戦 vsヴィッセル神戸

nextmatch_yoko_0613.jpg

この戦いも必ず勝つ!

609r_4.jpg

609r_2.jpg

20210609_gamereport_01.jpg

609r_1.jpg

20210609_gamereport_03b.jpg

20210609_gamereport_04.jpg

20210609_gamereport_02.jpg

609r_3.jpg

とそんなところへ

アレクサンダー ショルツ選手 完全移籍加入のクラブ間合意のお知らせがあったばかりで、

『No,28 アレクサンダー ショルツ選手のユニフォーム』購入受付開始!があったのに、

酒井宏樹選手 完全移籍加入のお知らせ

welcome_hiroki.jpg

からの、『No,2 酒井宏樹選手のユニフォーム』購入受付開始!

sakaipc.jpg

と、どうした?本当にフロント仕事が早い。

また心強い選手が加入。

「ようこそ」

またあの場所へ戻るために共に。

posted by owemyown at 23:08| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月07日

2021 JリーグYBCルヴァンカップ PO 第1戦(A) vs ヴィッセル神戸

nextmatch_pc_20210606.jpg

JリーグYBCルヴァンカップ PO 第1戦 2021年6月6日(日) 18:00 KO (A)ノエビアスタジアム神戸 vsヴィッセル神戸 @BSスカパー!

リーグ戦の中休み タイトルのかかった試合でさらに先にすすむためにこれも大事な一戦

西での開催なのに状況が状況なだけにアウェー席販売無しで観戦断念だが、赤組忍者がチラホラと現地観戦。

E3P7MzXUcAMiZhc.jpeg

大幅なメンバー変更が予想されたのだが、

<スターティングメンバー>はGK 西川選手 DF 宇賀神選手、トーマスデン選手、槙野選手、明本選手

MF 田中達也、柴戸選手、伊藤敦樹選手、汰木選手 FW 関根選手、興梠選手 

SUB 塩田選手、岩波選手、山中選手、西選手、金子選手、武藤選手、杉本健勇選手

E3Lf1OqVkAQh9a9.jpeg

最近よく見る良くない感じで試合が始まりいきなり失点。

我慢の時間が続いくが、丁寧にパスをつなぎ、ボール保持率を高めるも攻めあぐねている感が否めない。

宇賀神選手のパスを右寄りの位置で受けた関根選手が中央に切れ込んでシュートは、相手のブロックに阻まれ得点ならず。

左から汰木選手がグラウンダーのパスを受けた田中達也選手がPA内でシュート。これも相手のブロックに遭った。

もやもやした感じが残りこのまま前半終了かと思ったが、関根選手が大きくサイドチェンジ。これをPA手前で田中達也選手がワンタッチ。

ゴール前に走り込んだ伊藤敦樹選手がこれもまたワンタッチでシュート。が見ごとゴールネットを揺らし同点。

鮮やかな攻撃からゴールに吸い込まれ、前半終了間際に貴重なアウェイゴールを奪い、同点に追いついた。

8320.jpg

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

rica-4.jpg

・「攻撃では、相手のバランスを崩すような動き出しをしよう」

・「ボールを動かして相手を走らせよう」

・「もう1点取りにいこう」

そう、同店ではあかん。勝たなあかん。

後半は一進一退。

西川選手が右手一本でかき出すビッグセーブを見せ失点を許さない。

この選手が控えなのだから鈴木彩艶選手がいかに素晴らしいかもよく分かる。

57分田中 達也選手→武藤選手へ交代

71分に敵バックパスを足を滑らせたとこを見逃さなかった興梠選手が、詰めてくるGKの位置を確認しながら絶妙なループシュート。

GKを越えたボールはゴールに吸い込まれ、レッズが逆転に成功した。

8318.jpg

見逃さず常に相手にプレッシャーをかけ続けていたからこそ。

77分に興梠選手→杉本 健勇選手 、 宇賀神選手→西選手、そして負傷したトーマス デン選手→岩波選手との交代。

宇賀神選手はちょっと感覚がつかめていなかったのかな?

トーマスデン選手の負傷がなんでもない事を祈るばかりで。

90+2分 汰木選手→山中選手の交代もあって

更なる追加点を期待したが結果このままタイムアップ。

8319.jpg

ホーム&アウェイの戦いなのでまずは180分のうち前半90分が終わっただけではあるがアウェイゴールもあり幾分かのアドバンテージにはなるだろう。

だが、良く分かっているが結果は終わってみるまで分からないので次週のホームでの戦いは勝利のみ。

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

20210606_ricardo-1.jpg

「前半は神戸が優位に試合を進めていたと思います。彼らがいろいろとやり方を変えてきたということもあり、

我々がうまく対応できない時間が続いてしまいました。ただ、その後に攻撃と守備の両方でいくつか修正を加えて、

だいぶ良くなってきて、時間を追うごとにチームが相手のやり方に慣れてきたと思います。

結果的には、我々が第1戦で勝利を収めたので、アドバンテージを持って次の試合に挑むことができますが、180分の試合ですので、

残りの90分間、ホームでしっかりと戦いたいです。神戸もすごくいいチームですので、我々も常に目指しているところの最大限の力を出し、

勝利を目指して戦うことが、次の試合に勝つ条件だと思います。サッカーではいろいろなことが起こりますので、

過信せずに次の試合もいいサッカーをして、勝利で締めくくることができればと思います」

後半ある程度修正できたのだが小泉選手が居ないと・・・ってなるようじゃ心許無い。

ただ、直近引き分けが2試合続いていたので勝ったことは良かったし、5月1日以来負けていないので良しとしよう。

次戦、6月9日(水)19時KO(H)浦和駒場スタジアムで、天皇杯 第101回全日本サッカー選手権大会 2回戦 vsカターレ富山。

0606_mv_pc.jpg

これまで天皇杯初戦よくないことが多々あったので中2日ではあるがしっかりと勝ち切って

「Go to AISIA」

20210606_gamereport_3.jpg

20210606_gamereport_4..jpg

20210606_gamereport_2.jpg

20210606_gamereport_1.jpg

606r_1.jpg

606r_3.jpg

606r_2.jpg

606r_4.jpg







ハンドだよな?

あと滑りすぎ。水のまき過ぎだけではないだろ。芝が根付いていないんじゃない?





posted by owemyown at 21:48| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月31日

2021明治安田生命J1リーグ 第17節 (H)vs 名古屋グランパス

kv_0530.jpg

2021年5月30日(日) 18:04KO・(H)埼玉スタジアム  vs 名古屋グランパス @DAZN

ここでひとまず連戦が終わる一戦で、ホーム4連勝をかけて スペイン人監督の浦和レッズとイタリア人監督のチームとの戦い

スターティングメンバー

GK 鈴木選手 DF 西選手、岩波選手、槙野選手、山中選手

MF 関根選手、武田選手、柴戸選手、明本選手 FW 小泉選手、ユンカー選手

SUB 西川選手、トーマスデン選手、田中達也選手、伊藤敦樹選手、汰木選手、武藤選手、興梠選手

E2nfvrlVEAAVeYd.jpeg

試合前からチラホラと流れてたようですが、やっぱり映像で見るとすげーってなりますよね。

E2oxD7yVEAYpaVM.jpeg

いつかまた埼スタでじかに目にしたいと強く思ったのと同時に準備に関わった全ての人に感謝と尊敬の想いがあふれ出た。

530nagoya-1.jpg

敵陣に持ち込こみ得点機会ををうかがい、ボールを失っても切り替え早く奪い返し、ペースを奪いに行く。

敵にボールを運ばれる時間帯もあり、守備陣を中心に冷静に対応し、自陣で奪った小泉選手が縦にパス、

8試合ぶりに出場した武田選手が受けさらに前にパス。

これを受けたのはユンカー選手。カットインし、左足でミドルシュートを放つが、枠を大きく外れ得点ならず。

26分に速いクロスを入れられ、相手が飛び込んでくる状況であったが鈴木彩艶選手は恐れず、冷静に判断してパンチングでクリア。

その後も一進一退で、43分には相手のパスを奪った小泉選手のパスを受けた明本選手が左サイドをドリブルで駆け上がり、並走する山中選手にパス。

山中選手からのクロスをユンカー選手が頭で合わせたが、ゴールネットを揺らすまではいかなかった。

前半のスタッツを見ても明らかに押し込まれ、チャンスも作れていないが修正能力のあるリカルド監督の事なので後半何かをしてくれると期待してハーフタイムへ。

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

rica-4.jpg

・「ボールを保持する時間を増やそう」

・「後ろのバランスを考えてボールを回そう」

・「相手の中盤とDFを引き出そう」

やはりボールの保持率が低いことが気になったんでしょう。後半頭から武田選手→伊藤敦樹選手と交代で配置も若干変えてきた。

(武田選手ちょっと体が細すぎかな?あともう少しボールの扱いが丁寧になるといいな)

が、それでもあまり改善されたようには無く62分に山中選手→汰木選手と山中選手と明本選手の位置を変え選手の動きを促したように思えた。

柴戸選手がボールを奪いにいき、相手に当たってこぼれたボールを関根選手が拾ってドリブルでPA内に入ったてシュートだったが枠の外。

79分に関根選手→田中達也選手・ 小泉選手→武藤選手と交代し武藤選手が左、汰木選手が中へ。

ここで解説の福田さんがちょっと違う気がするようなニュアンスの事を言っておられましたが、交代の順番がと言うよりも、

単純に興梠選手とユンカー選手の2TOPが見てみたいというだけで私も同意でした。

87分にユンカー選手→興梠選手と交代し450試合出場と節目の試合になりましたが、結局得点奪えずタイムアップ

(デビューからの連続得点も止まってしまいましたね。)

っていうか、敵は長澤選手ともう一人の二人しか選手交代してないじゃんってどうなのよ。

浦和の選手ちょっとお疲れ? あっ、長澤選手お久しぶりって感じでした。

8231.jpg

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica530-1.jpg

「難しい試合になったと思います。ただ、相手が上位につけている状態のいい名古屋ということを考えると、

こういった引き分けも悪いものではないと思います。

前半に関しては、どちらかというと相手にチャンスを作られるような形があって、なかなかうまいようにまわりませんでした。

後半に関しては、前半に比べるとボールを握る時間や落ち着く時間があったのかなと思います。

ただ我々のチャンス自体は汰木(康也)からのクロスであったり、関根(貴大)がボールを奪ったところからのカウンターとかで、

相手は後半にシュートをポストに当てるシーンもあり、どちらかというと大きなチャンスは相手の方がより多かったと思います。

ただ固い試合、どちらが勝ってもおかしくない、本当にディテールが勝敗を分けるような試合でした。

上位にいる名古屋に対して、結果的に勝つことはできなかったのですが、勝ち点1を取れたのは大きなものだと思います」

次戦、6月6日(日)18時(A)ノエビアスタジアム神戸、JリーグYBCルヴァンカップ POステージ 第1戦 vsヴィッセル神戸

nextmatch_pc_20210606.jpg

中6日で休養も取れメンバーも変わることが予想されるが誰が出ても浦和レッズの戦いが出来るはず。

決勝トーナメント目指して一戦必勝。

(またしてもアウェーチケット発売無し。。。くっそーーーーー!!)

530r_1-1.jpg

530r_4.jpg

530r_3.jpg

530r_2.jpg

20210530_2.jpg

20210530_3.jpg

20210530_4.jpg

20210530_1.jpg

DAZN相変わらず無駄なリプレイ映像多すぎ長すぎ。

でも次はBSスカパーですからあの人だけは無いように願う。



って書いていたら

アレクサンダー ショルツ選手 完全移籍加入のクラブ間合意のお知らせが公式でアップされたかと思うとすぐさま、

『No,28 アレクサンダー ショルツ選手のユニフォーム』購入受付開始!

アレクサンダー ショルツ選手(背番号28)のユニフォーム販売について、ご案内いたします。と発表。

何か今年度のクラブは違う。早いし、上手い。(牛丼ではないけど)

グッズもいろいろだし。

DF陣もデン選手も戻ったし、槙野選手、岩波選手も安定のスタメンじゃなくなるのか?でも競争でいい刺激になるはず。

あとは。。。。。












posted by owemyown at 23:15| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月27日

2021明治安田生命J1リーグ 第16節(A) vs サンフレッチェ広島

nextmatch_pc_20210526.jpg

明治安田生命J1リーグ 第16節 2021年5月26日(水) 19:01 KO・(A)エディオンスタジアム広島 vsサンフレッチェ広島  @DAZN

連戦中で連勝中 現地観戦予定だったのだがやむなく断念

天気予報は後半が雨。 果たしてどうなるか?

<スターティングメンバー>

GK 鈴木彩艶選手 DF 西選手、岩波選手、槙野選手、明本選手

MF 田中達也選手、柴戸選手、伊藤敦樹選手、汰木選手 FW 小泉選手、キャスパーユンカー選手

SUB 西川選手、山中選手、トーマスデン選手、阿部選手、関根選手、武藤選手、興梠選手

8186.jpg

彩艶選手無失点継続中で記録更新がかかり、柴戸選手、小泉選手がスタメン復帰、ユンカー選手スタメン継続中

立ち上がりは主導権争いに。いつも通りに相手と間をとりながらパスをまわし、素早い攻守の切り替えペースを握る。

15分右に流れた小泉選手のパスから田中達也選手がクロス。このボールは届かなかったが、相手DFに当たってこぼれたボールを

逆サイドからPA内に走り込んだ汰木選手が左足ワンタッチでクロス。これをユンカー選手が右足ワンタッチで押し込んで先制点!!

8185.jpg

リーグ4試合連続。良い時間に取れて今日もいい感じっ思ったのだが。

23分にCKを直接決められてしまい追いつかれてしまう。

デビューからの無失点記録も途切れたのだが、まぁいつかは止められるので逆にプレッシャーから解放されてよかったかも。

キックが良かったと切り替えて突き放し追加点に期待。

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

rica-4.jpg

・「深さをつかって相手を引きだそう」

・「ボールを保持しているときは数的優位をつくっていこう」

・「ディフェンスは高い位置から」

・「押し込んだ状態の攻撃は継続しよう」

後半は我慢の時間が続くが体を張ってチャンスを与えず、速い攻撃でチャンスを作る展開も見られるが行ったり来たり。

63分田中達也選手→関根選手・伊藤敦樹選手→山中選手と入れ替え明本選手をボランチに。

79分に汰木選手→武藤選手・キャスパー ユンカー選手→興梠選手

その直後山中選手のクロスを興梠選手がヘッドで折り返すと相手ハンドでPK GET

8184.jpg

PKとはいえようやくようやくシーズン初ゴール。さぁここから興梠選手が目覚めるぞ。

追加点で突き放し89分に小泉選手→阿部選手で試合を締めにかかる。

アディショナルタイムが詐病の影響で7分。

が92分に失点し再度追いつかれ、結果このままタイムアップ。

8183.jpg

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica526-1.jpg

「今回の試合に関しては、プレーする上で相手に難しい状況にさせられた、という印象があります。

前節、(サンフレッチェ)広島は形を変え、あまり多くの情報がない中でしたけれども、

彼らは我々に対して1対1ではめてくるようなディフェンスをしてきて、そこでなかなか違いを作れなかったところはありました。

2回リードをすることができたので、そこをしっかりと守り切れればというところでしたけど、

個人の力のところでやられてしまったことなどがあって、最終的には妥当な結果となる引き分けだったのかなと思います」

4バックで来ていたが前節から3バックに戻しそこを読み切れなかったのと16連戦とはいえ広島の交代で入った選手が良かったので、

引き分けは妥当と思いたいがもったいなかった。もう少し興梠選手武藤選手を早い時間に入れて欲しかった。

次戦は5月30日(日)18時(H)埼玉スタジアム明治安田生命J1リーグ 第17節 vs名古屋グランパス

kv_0530.jpg

ホーム連勝で上位へ。

526vsshr_2.jpg

526vsshr_1-1.jpg

526vsshr_4.jpg

526vsshr_3.jpg

526r_4.jpg

526r_2.jpg

526r_3.jpg

526r_1.jpg

まぁ両エース揃い踏みだから良しとするか。

ユンカー選手得点シーンであきらかに赤組の同志が喜んでいる瞬間が映っていましたね。



あと相変わらずの主審ですね。








posted by owemyown at 22:26| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月23日

2021明治安田生命J1リーグ 第15節 (H)vs ヴィッセル神戸

E16W0eaVcAYpzSk.jpg

明治安田生命J1リーグ 第15節 vs ヴィッセル神戸 2021年5月22日(土) 16:04KO・(H)埼玉スタジアム @DAZN

<スターティングメンバー>

GK 鈴木彩艶選手 DF 西選手、岩波選手、槙野選手、明本選手

MF 田中達也選手、伊藤敦樹選手、阿部選手、汰木選手 FW 武藤選手、ユンカー選手

SUB 西川選手、山中選手、トーマスデン選手、小泉選手、柴戸選手、関根選手、興梠選手

E192psPVcAIMbmc.jpeg

予想通りGKは彩艶選手両SHは好調田中達也選手、汰木選手

前半は敵にボールを持たれる時間帯も多く、攻められるもなんとか耐え続けていた。

飲水タイムで多少ゲームの主導権を取り戻し32分、右サイドで得たFKで武藤選手がゴール前に送ったボールは相手に弾かれたが、

こぼれ球を汰木康也が左足ダイレクトシュート。

34分、阿部選手がスライディングでつなぐと、槙野選手がワンタッチで鋭い縦パス。これを受けた明本選手が左足でシュートを放つがこちらも 

枠外とはなったが、続けてゴールへ向かった。

40分過ぎに相手のクロスをキャッチした彩艶選手が汰木選手へ向けてスローイング。惜しくもつながらなかったが、ハーフウェーラインを超え

るロングスローを見せスタンドを沸かせた。

得点を奪うことが出来ずしかし無失点でハーフタイムへ。

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

rica-4.jpg

・「ビルドアップは継続しよう」

・「守備はラインを上げよう」

・「ボールを運べるときは前に運ぼう」

HT 武藤選手→小泉選手、 阿部選手→柴戸選手

後半早々47分、ルーズボールを槙野選手が前につなげ左サイドに流れながら明本選手のパスを受けた汰木選手がクロス。

ゴール正面に入っていた田中達也選手がヘディングで合わせ、ポストに当たりながらゴール。

8145.jpg

64分にPA右からアンドレス イニエスタ選手のシュートを彩艶選手が左手伸ばしきって弾きセーブ。さらにこぼれ球にドウグラス選手が

詰めてきたが、槙野選手がスライディングでブロックし、いつものガッツポーズ。失点を許さない。

66分、田中 達也選手→関根選手、汰木選手→山中選手へと交代。

さらに得点を取りに行くメッセージ。全体的に押している状況が続くが、なかなかゴー追加点を奪えないが、

失点の恐れも感じない。途中出場のマしカ選手を何とか抑えていた。

81分に小泉選手のパスをゴール正面の位置で受けた関根選手がシュート。決まったっと思ったが、GKに阻まれ、追加点とはならなかった。

85分、事前のCKは跳ね返されたものの、相手のクリアボールを拾った西選手がワンタッチでゴール前に送り、岩波選手が相手と競り合い、

流れたボールをユンカー選手がボレーで叩きつけるシュート。で追加点!!!

8144.jpg

敵にうまく抑えられていてなかなか見せ場を作れなかったが瞬時の判断で叩きつけることによってゴールを決めた。

90分に ユンカー選手→興梠選手に交代し期待したのだが、守りに徹し試合を締めにかかってタイムアップ

8143.jpg

公式戦で4連勝、J1リーグで3連勝、そしてホームゲーム5連勝、彩艶選手もデビューから3戦連続完封で28年ぶりの記録、

順位も6位、得失点もいつ以来だろう+に。

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica522-1.jpg

「今回の試合では、前半は相手に支配される時間があって、その中でいくつか危ない場面を作られてしまいました。

セットプレーであったりコンビネーションプレーであったり、そういったところから危ない時間もありましたけど、

前半の最後くらいからだいぶチームも落ち着いてきてボールも動かせるようになりました。

後半に入ってからはゴールももちろん生まれましたし、それからディフェンスでもより高い位置で守れるようになったと思います。

その中でボールを支配する時間も長くなり、後半はすごく改善されて良かったのかなと思います。

今回の相手はやはり強敵だと思っていましたし、これだけのプレーを強いられる、それは想像していた通りになりました。

難しい試合だったのですが、その中でも選手たちはよくやってくれたと思います」

正直見ていて確かに手ごわい相手だと感じまさに前半飲水タイムまではどうかなって感じでしたが、

修正され、後半選手入れ替えながらさらに修正し勝ち切るというさすがリカルド監督と、それにこたえる選手たち。

この後も期待しかないよな。

次戦5月26日(水)19時(A)エディオンスタジアム広島、明治安田生命J1リーグ 第16節vsサンフレッチェ広島

nextmatch_pc_20210526.jpg

行きたいが、状況が状況だけにDAZNなのだろうな。

「コロ〇、コロ〇、ク〇ッタレ!!」

522vsk_1-1.jpg

522vsk_2.jpg

522vsk_3.jpg

522vsk_4.jpg

522r_4.jpg

522r_3.jpg

522r_2.jpg

522r_5.jpg

完封でシャッターが下りたが橋岡選手もブラインドが閉められた。










posted by owemyown at 12:16| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

2021JリーグYBCルヴァンカップGS 第6節(H) vs 横浜FC

nextmatch_pc_20210519.jpg

JリーグYBCルヴァンカップ GS 第6節 2021年5月19日(水) 19:03K・O 埼玉スタジアム vs 横浜FC @フジテレビONE

先にすすむには明快で勝つしかないんです。それ以外だと敗退。

はっきりしてていい。

E1vEjKkUcAAXArk.jpg

スターティングメンバー

GK 西川選手 DF 宇賀神選手、トーマスデン選手、槙野選手、山中選手 MF 関根選手、武田英寿選手、柴戸選手、汰木選手

FW 小泉選手、興梠選手 SUB 塩田選手、岩波選手、明本選手、伊藤敦樹選手、阿部、ユンカー選手、杉本健勇選手

の組み合わせですが、4−1−4−1システム。

まってました、トーマスデン選手が今季初出場。

3分に槙野選手からのパスを受けた柴戸選手が左に展開し、山中選手の縦パスを興梠選手がワンタッチで汰木選手へ。

汰木選手もワンタッチでスルーパスを送ると、抜け出した小泉選手が相手GKをかわして右へパス。

これを関根選手が押し込み、鮮やかな流れで先制点。

お約束の関根選手得点後の転倒も。

山中選手がボールを出した時点で、あっ点が入るって思ったの。なんか。

8100.jpg

この後も基本的には浦和がボールをもって仕掛けてが続くが、10分過ぎにボールを奪われてカウンターを浴びDF人が誰もいない状況で、

西川選手がPA外へ出て仁王立ち。ループシュートをジャンプ一番、ヘディングで防ぐというスゴ技を見せて守るシーンも。

その後も責め続けるが点は奪えずも、敵の攻撃も難なく抑えてハーフタイムへ。

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

rica-4.jpg

・「サイドでのポジションのバランスを気を付けよう」

・「ボールだけではなく人も動いて相手を揺さぶろう」

・「2点目、追加点を取ろう」

HTに槙野選手→岩波選手へと予定通りの交代

後半も前半同様の攻めが続き61分こぼれ球をペナルティーエリアのわずかに外、左45度の位置で拾った汰木選手が右足でシュート。

曲がりながら落ちたボールはゴール右隅に吸い込まれ、汰木選手の今季初ゴールかつ埼玉スタジアム初ゴールでリードを広げた。

8098.jpg

あれはビューティフルゴールですよね。あんなシュートが打てるのならって思うけど基本シュートが下手なので、でも森脇選手を思い出しちゃった。

67分武田英寿選手→伊藤敦樹選手、興梠選手→キャスパー ユンカー選手と交代し更に追加点を取るんだとメッセージのある交代。

ユンカー選手のまさにストライカーってシュートはポスト直撃の惜しいシーンもあった。

ここで申し訳ないけど日本のトップのカテゴリーでプレーするに値しない状態の選手交代があり実質勝負ありかなと。

73分に関根選手→明本選手

83分トーマス デン選手→阿部選手と締めにかかる交代。

で、結果そのままタイムアップ。

8099.jpg

完封勝利でPOステージ進出決定と思いきや、1位通過のおまけつき。その結果

第1戦 6月6日(日) 18:00(A) vsヴィッセル神戸 ・ノエビアスタジアム神戸

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 2回戦 6月9日(水)19:00(H)カターレ富山 vs FC北陸の勝者・浦和駒場スタジアム 

第2戦 6月13日(日)18:00(H) vs ヴィッセル神戸・浦和駒場スタジアム

これで6月6日神戸行けるかな??

リカルド ロドリゲス監督試合後会見

20210519_ricardo.jpg

「今日の試合も、すごくいい入りができたと思います。こういう試合で仮に相手が先制点を取っていたら、

我々にとって勝たないといけない試合だったので、逆転しないといけない条件でしたが、入りがすごく良くて、いい試合ができたと思います。

もちろん、横浜FCにボールを持たれるときもあって、その中で内側を通されるパスもありましたけど、

そこまではっきりとしたピンチはなかったと思います。我々もチャンスのところで、

キャスパー ユンカーがポストにシュートを当てるシーンであったり、それ以外のところでも決定的なチャンスを作れていました。

もちろんもっと決められていればというところもあるのですが、全体的にはすごくいい試合ができたと思います。

今話したことであったり、改善点は常にありますけど、今回の試合はすごくいい試合だったと思います」

次戦は5月22日(土)16時4分(H)埼玉スタジアム 明治安田生命J1リーグ 第15節vs ヴィッセル神戸

今年は来るのかな?

nextmatch_pc_20210522c.jpg

まぁ、正直見ていて楽勝感が自分にはありました。西川選手の顔が違っていた。これがいい競争してる結果ですよね。

でも次戦も彩艶選手でしょうね。だって変える理由が見当たらないから。しかしいつか必ず西川選手が必要な時が来るから。

20210519_gamereport_2.jpg

20210519_gamereport_3.jpg

20210519_gamereport_1-1.jpg

20210519_gamereport_4.jpg

519r_4.jpg

519r_2.jpg

519r_1.jpg

519r_3.jpg

それと柴戸選手もさらに良くなったと。で初めはいろいろ言われてましたが今は、激戦区のボランチでいい刺激をもらってうんじゃないかと。

あとは、今季の選手が抜かれないことと、ケガしないこと。















posted by owemyown at 20:42| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月18日

2021明治安田生命J1リーグ 第14節(A) vs ガンバ大阪

nextmatch_pcnew_20210516.jpg

明治安田生命J1リーグ 第14節 vsガンバ大阪

2021年5月16日(日) 17:00(A)パナソニックスタジアム吹田 @DAZN

リモートマッチとなってしまったこの試合。日程発表時には現地観戦と決めていたのに。。。。。

DSC_2606.JPG

この状態でやっつけてやりたかった。

E1fLjbIVEAUPqz4.jpg

<スターティングメンバー>

GK 彩艶選手

DF 西選手、岩波選手、槙野選手、明本選手

MF 田中達也選手、柴戸選手、阿部選手、小泉選手

FW 武藤選手、ユンカー選手

SUB 西川選手、山中選手、伊藤敦樹選手、汰木選手、関根選手、杉本健勇選手、興梠選手

彩艶選手がスタメン連続なのはある程度予想できたが、まさにこれが正しいポジションの奪い方。

チーム内の競争。ただ、このまますんなりとポジションを明け渡すことはないと西川選手も準備しているはず。

前節との変更点は柴戸選手が敦樹選手に変わり、関根選手の代わりに田中達也選手。

前日までの練習で関根選手が良くなかったのか、田中達也選手が良かったのかどうなんだろうと試合開始を見守ってました

開始早々敵にシュートを打たれるも、彩艶選手が難なくセーブ。

解説の福田さんも仰られておりましたが「並みの18歳ではない」と。

阿部選手の縦パスを受けた武藤選手が左サイドからクロスを上げると、ここでスタメン復帰の田中達也選手がボールを受け、折り返し。

そのボールを下がりながら、さらにDF2人に挟まれながらもユンカーが頭で合わせ、デビューから3試合連続ゴール。

E1ftWvdVkAETDmL.jpg

さらに20分、ユンカー選手のサイドチェンジを受けた明本選手がクロスを入れると、武藤選手がニアサイドで相手を引き連れ、

ファーサイドに走り込んだ田中達也がワンタッチで押し込んでゴール。

E1fudWHVUAAt6QJ.jpg

そしてそして40分、相手のサイドチェンジを西選手が奪いつなげると、田中達也選手が自陣からドリブル。

疾走しペナルティーエリアに侵入、一度は相手にボールを触られるが、冷静に。

これをゴール前のユンカー選手がで押し込み、前半だけで3-0。

E1ftWvdVkAETDmL.jpg

あのにっくき相手に前半でこのスコア。今日は大量得点の日だっ!!

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

227rica.jpg

・「高い位置でボールを奪うこと」

・「ボールを動かしていこう」

・「ここから大事なのはメンタルだ」

・「無失点で抑えよう」

そう油断禁物。無失点で。ここ大事よ。

ユンカー選手にはハットトリックの可能性も。

後半も責められてても全く恐怖を感じなかったが、目指しているものが完全に出来ていた分けでは無かった。

お疲れなのか56分 小泉選手→山中選手、 ユンカー選手→杉本 健勇選手への交代。

が、残念ながらさらにボールのおさまりが良くなく支配率も上がらない。

ここで、67分 武藤選手→興梠選手、阿部選手→伊藤 敦樹選手と交代

やはり興梠選手が入るとボールが収まるが、杉本選手が下がりすぎるので前が開いてしまう。

良い攻めは魅せるが得点が取れない。が、相変わらず敵の攻めに全く脅威は感じない。

79分 1ゴール2アシストの田中 達也選手→関根選手と交代。

ボールを奪って素早く持ち上がり明本選手からのパスを興梠選手があの体勢でよく打てたよなってシュートでしたが惜しくも枠の外

何とか興梠選手に取ってもらいたいっていうのが何回か見られましたけど残念。

得失点差をプラスになるじゃんって思っていたが結局後半はノーゴール。

が、無失点でのアウェイ勝利

E1gED5rVEAI4QHF.jpg

DSC04134.JPG

来年こそはここで歌ってやる。

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica516-1.jpg

「今日の試合に関しては、前半はどちらかというと効率的な、ボールを奪って出ていくような展開が多くなりました。

その中で点を取れたと思います。ガンバ大阪にボールを持たれて支配されてしまって、ボールを奪い返すのはなかなか簡単ではなかったです。

その中でも今言ったようにディフェンスをしっかりしてボールを奪って、そこから点につなげていった、

別の武器で試合をものにできたことは、また一ついい部分でもあると思います。

そういうことでよりコンプリートなチームになると思いますし、ただボールを握るだけでなくて、

苦しい時間でもそういうことができるのはいいことだと思います。

ただ理想を言うと、やはり我々としてはボールを握って試合を支配して進めていくことができればよかったです。

でも、自分たちにとって完璧でないときでも試合に勝ちきれるところは、また一つ良い部分だったと思います」と。

次戦5月19日(水)19時(H)埼玉スタジアム、JリーグYBCルヴァンカップ GS第6節 vs横浜FC

nextmatch_pc_20210519.jpg

リカルド監督も仰られてますが、次勝ってさらにその先の戦いにつなげるようにGS突破して欲しい。

516r_3.jpg

516r_2.jpg

516r_1-1.jpg

516r_4.jpg

2021516_3.jpg

2021516_2.jpg

2021516_1.jpg

2021516_4.jpg




やっぱりこのチーム嫌いです。っていうか生理的に無理。スタジアムだけだな。良いのは。


posted by owemyown at 00:54| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

2021明治安田生命J1リーグ 第13節 (H)vs ベガルタ仙台

kv_20210509.jpg


2021年5月9日(日) 16:03(H)埼玉スタジアム明治安田生命J1リーグ 第13節 vs ベガルタ仙台 @DAZN

7915.jpg

<スターティングメンバー>

GK 鈴木

DF 西、岩波、槙野、明本

MF 関根、阿部、伊藤(敦)、小泉

FW 武藤、ユンカー

SUB 西川、山中、田中、金子、汰木、杉本、興梠

2021 12 鈴木彩艶.png

リーグ初スタメンに鈴木彩艶選手、キャスパーユンカー選手と。

前戦カップ戦で合流即初スタメン即ゴールの新加入選手に期待が高まる。

彩艶選手もカップ戦での安定した守備から満を持してのリーグ戦。

仙台キラーの興梠選手と、見どころ満載の試合に期待と興奮で試合前からそわそわしてました。

sendai509-1.jpg

立ち上がりから主導権を握ることが多かったが、なかなかうまく攻撃が続けられず守備の時間も多く続いた。

前半早々にはビルドアップのミスからピンチを迎えたが、リーグデビューとなった彩艶選手がセーブ。

落ち着いて処理できているので何も不安がなく安心してみていられた。

少しずつボールポゼッションのテンポと精度を上げていき少ないタッチでパスをつないでからチャンスを作り出していく。

小泉選手の浮き球の縦パスをリーグデビューとなったユンカー選手が収めて左へ。武藤選手がPA内の左で縦に突破してからクロスを上げると、

ユンカー選手がヘディングシュートを放ったが、ボールは枠の上を越えたが、いい流れで攻撃を展開していた。

敵陣でボールを奪い、押し込む時間を増やしていくが、仙台にボールを持ち運ばれてシュートを打たれることもあり、

一進一退の展開が続くが彩艶選手の冷静に対応でゴールは割らせない。

明本選手のクロスをユンカー選手が頭で合わせたが、ボールは枠の右へ。その後も、あと少しのところまで行くが、得点を奪えないまま

前半終了。

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

227rica.jpg

・「ボールを簡単に失わないこと」

・「後ろからの切り替えを早くしよう」

・「相手を引き出して、間のポジションをとろう」

後半は57分 後方からパスをつなぎ、右サイドからのパスを受けた武藤選手が小泉選手とのワンツーで中央を突破してラストパス。

このとき武藤選手には敵の6人の選手を集めていた。その間を抜け出したユンカー選手がボールを受け、

相手のマークから離れながらスペースに入ると、左足で止めてから冷静に左足でゴール左へ流し込む。

7916.jpg

5日に行われたYBCルヴァンカップ GS第5節柏レイソル戦に続いて公式戦2試合連続、J1リーグ、埼玉スタジアムでのデビュー戦でゴール。

まさに、ザ・ストライカー!!

64分にコンディションもあり、ユンカー選手→興梠選手へ。

今季リーグ初得点を期待しピッチへ入った興梠選手

75分に小泉選手の突破をファウルで止められて得たゴール正面やや右、ペナルティーアークから少し後ろ。

キッカーは、キャプテン阿部選手 

右足インフロントキックで放たれたボールは、壁を越えて曲がりながら落ち、ゴール右に吸い込まれた。

7917.jpg

アベッカム健在!!

更に仕掛けるために77分小泉選手→汰木選手、 武藤選手→杉本 健勇選手

83分に関根選手→田中 達也選手、阿部選手→金子選手と交代。

試合中にロドリゲス監督が「ケンユー。ケンユー」とチェックに行くように指示していたのが印象的でした。

86分にマルティノス選手にミドルシュートを彩艶選手がファインセーブ。

2点のリードにも気を緩めることなく、きっちりとクリーンシートで試合を終えた。

7918.jpg

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica509-1.jpg

「試合の入りで、少し苦戦してしまったところがあると思います。簡単にボールを失うところが結構多く見受けられました。

ただ、それが過ぎて飲水タイム以降くらいからは、いくつか修正をしていきながら、少し落ち着いた部分は出てきたのかなと思います。

後半に関してはハーフタイムでいくつか修正をして、よりボールをうまく握れる展開になったと思います。

こういった展開で先にゴールを取るのはすごく大事なことだと思います。阿部に関しても、すごくいいシュートを決めてくれました。

相手には最初にいくつかシュートを打たれた場面がありましたが、その中でも無失点で、

クリーンシートで試合を終わらせることができたのは良かった点だと思います。もちろん改善するべきところは常に見つめ直して、

何をやれるかを考えていければと思います。前回のアビスパ福岡戦での敗戦の後、

こうしてホームで勝ち点3をしっかりとものにできたことは大事です。このまま勝ち点3を積み重ねて、

さらに順位を上げられるようにしていきたいと思います」

「はじめに西川周作に関してですが、これまでが悪かったわけではありません。前回の試合で少しのミスはあったのですが、

その前の試合、たとえば大分トリニータ戦ではチームを救う、勝ち点3を取るためのビッグセーブなど、

そういったプレーをしてきた選手です。ただ、ここまでの練習や、(鈴木)彩艶がYBCルヴァンカップでやってきたプレーを見た中で、

彼がすごくいいプレーをしているところがあったので、そういった彼のパフォーマンスを評価して、起用に踏み切りました。

実際にチャンスを得た中、彼はすごくいいプレーをしてくれたと思います。リーグでの出場は初めてですけど、

それ以前の試合でもいいプレーをしていましたし、今日もすごくいいプレー、チームを救うプレーをしてくれたと思います」

1つしかないGKのポジション。ますます悩ましくなりましたね。

次戦は5月16日(日)17時(A)パナソニック スタジアム 吹田 明治安田生命J1リーグ 第14節vs ガンバ大阪

nextmatch_pcnew_20210516.jpg

残念ながら今年も現地観戦がかなわなかったが連勝でしょう。

509gr_02.jpg

509gr_4.jpg

509gr_1-1.jpg

509gr_3.jpg

509r_4.jpg

509r_3.jpg

509r_1.jpg

509r_2.jpg








posted by owemyown at 19:28| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

2021 JリーグYBCルヴァンカップ GS 第5節(A) vs 柏レイソル

nextmatch_0505_sptop.jpg

JリーグYBCルヴァンカップGS 第5節 2021年5月5日(水・祝) 16:00(A)・三協フロンテア柏スタジアム

vs柏レイソル @フジテレビNEXT

E0mUlnwUUAEUWxC.jpeg

<スターティングメンバー>
GK 鈴木

DF 宇賀神、岩波、槙野、山中

MF 田中、阿部、金子、汰木

FW 杉本、ユンカー

SUB 塩田、トーマス、明本、伊藤(敦)、小泉、関根、興梠

合流即スタメン (オフィシャルの写真間に合わないくらい)の期待のキャスパーユンカー選手

オオカミのような風貌 まさしくゴールハンターって感じで2TOPツインタワー

開始9分 汰木選手のドリブルからノールックのスルーパスをユンカー選手へ、

それをしっかり振り切りゴールへ。

初出場ファーストシュートが得点とカッケー!!

7863.jpg

この調子だともっと点が取れるぞと思いつつでもこのパターンて…とちょっと嫌なことがよぎったが。

その前の杉本選手のシュートもいい感じだったけど、外していつもするあれ?って感じの顔だったので表情に出すぎ。

点が取れそうで取れない展開が続くが、ボールを失っても追い回しシュートを打たれても鈴木彩艶選手が防ぎこのまま前半終了。

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

227rica.jpg

・「2点目を取りにいこう」

・「守備はコンパクトにしよう」

・「ボールの回し方は臨機応変に対応しよう」

・「相手の背後を狙っていこう」

そうもっと2点目を取りに行こう!!

後半頭から阿部選手→小泉選手へと交代。

コンディション重視なのか?さらに攻める合図なのかまぁ故障ではないと思うし攻めの形もいい状態になっていた。が、

セットプレーの間の58分にキャスパー ユンカー選手→明本選手へと交代したのだが、

そのセットプレーからのヘディングシュートがレッズの選手に当たってコースが変わる形で失点。

64分に杉本選手→興梠選手、田中 達也選手→関根選手へと交代し勝ちに行く選択。

しかい66分、小泉選手がボールを奪いにいった結果、PKの判定で失点。



その後もゴールを目指して攻撃の時間を増やしていたが、テク点奪うことが出来ず、80分に山中選手→伊藤敦樹選手と交代しポジションも変更

が、またしても84分にシュートをブロックしながらも相手に渡り、またもレッズの選手にシュートが当たってコースが変わる形で

失点を喫してしまった。

運が悪かったといえばそうなのかもしれないが、その前の準備がどうだったのかそこはしっかりと反死して対策をするべきだと。

以前までならここで試合終了だったのだろうが、CKから汰木選手蹴ったボールを槙野選手→興梠選手つなぎ

興梠選手がとっても丁寧に彼しかできないであろうボールをと頭でつなぐと、伊藤敦樹選手が豪快にボレーシュート。

ゴール左に突き刺さり、90+2分に伊藤敦樹選手プロ初ゴールで1点を返した。

7864.jpg

TVの前で大声(近所の皆さんいつもいつもごめんなさい)まだ時間がある!!

90+4分には小泉選手の浮き球のパスをディフェンスラインの裏に抜け出し受けた関根選手がペナルティーエリアに入って右足でシュート。

いつものように転倒しているが、これがゴール左に決まって同点に追いついた。

「っしゃーーーーー!」

7865.jpg

先制し逆転され更に突き放されたが何とか同点に追いつきゲームセット。

7866.jpg

はぁ。疲れた。が、今までとは違う。得るものが大きかった試合だと感じた。

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

20210505_ricardo.jpg

「前半に関してはいい時間帯に点も取ることができましたし、相手に決定的な場面を作らせることなく、試合を展開できたと思います。

後半に関しては、戦術的なところやいろいろな兼ね合いがあって交代をして、よりボールを握っていこうという話をしていましたが、

ある時間帯に立て続けに失点してしまい、逆転されて難しい状況になってしまいました。

ただ、選手たちは最後まで諦めず、最後の最後まで戦って同点に追いついたことで、このカップ戦(YBCルヴァンカップ)で相手次第ではなく、

自分たち次第でグループステージを突破できる可能性を残したという良かったところもあります。

このような試合でも気を一切抜かず、次の試合も最後の最後で勝ち抜けられればと思います」

しっかりGS次戦勝ち切って抜け出しましょう。わかりやすくていいんじゃないですか勝てばいいんですから。

勝てますよ。いや、勝ちます。

次戦は5月9日(日)16時3分(H)埼玉スタジアム明治安田生命J1リーグ 第13節 vsベガルタ仙台

kv_20210509.jpg

下位のチームとはいえ今までよくポカやらかしてますからしっかり勝ちましょう。

505r_4.jpg

505r_3.jpg

505r_1.jpg

505r_2.jpg

20210505_gamereport_1-1.jpg

20210505_gamereport_3.jpg

20210505_gamereport_2.jpg

20210505_gamereport_4.jpg

けど、関根選手ってゴール決めるときって大概の勝率でこけてるよね。でもそこの思いっきり感がいいんですけどね。



posted by owemyown at 22:53| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

2021明治安田生命J1リーグ 第12節(A) vs アビスパ福岡

nextmatch_0501_pctop.jpg

明治安田生命J1リーグ 第12節

2021年5月1日(土) 14:01キックオフ・(A)ベスト電器スタジアム vsアビスパ福岡@DAZN

観戦予定していたが感染者増加中の福岡県あえて断念。

E0Q5sHYVkAE_AWv.jpeg

E0RUDCeVkAExItZ.jpeg

スタメンに興梠選手今季初で、武藤選手との組み合わせ、左SBに明本選手と楽しみなスタメン。

今世紀対戦は無敗、6連勝中で相性は悪くないがリカルド監督自身は前チームでは昨年連敗と相性は今一だが果たして結果は?

E0T4yhQVUAkjrV7.jpeg

開始早々はいい攻めが出来ていたが、8分ごちゃっとした感じで失点。

あれは誰かのせいにしたくはないが。。。

この失点で逆に敵が少し楽になった組み立てが出来るようになった。

が関根選手、明本選手と立て続けるもふさがれ得点ならず。

227rica.jpg

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

・「うまく相手の中盤を引き出そう」

・「サイドバックのバランスを考えてプレーしよう」

・「やるべきことをやろう」

もっとシュートを!!もっと前へ!!

後半開始頭から柴戸選手→山中選手へと交代を。

前半の負傷の影響だろうか。

左SB明本選手→山中選手、左SH小泉選手→明本選手 ボランチに小泉選手と選手をローテーションして、

後半も基本的にはボールを支配し試合を進めていき、57分にPA少し外でFKを獲得するし山中選手のシュートは惜しくも敵GKにはじかれた。

62分に関根選手→汰木選手同じポジション同士での選手交代をして活性化を図ったのだが逆に86分に失点。

直後の87分に興梠選手→杉本選手と交代したが結局無得点で終了。

7847.jpg

リカルド ロドリゲス監督 福岡戦試合後会見

rica501-1.jpg

「今日の試合は立ち上がり早々に失点をしてしまいました。彼らにとってはすごく優位に働く、

我々にとっては難しくなる失点だったと思います。

ただそれ以外の部分、攻撃のところではしっかりボールを握りながら攻めたいところ、突きたいところをうまくできていて、

全体をコントロールできていたのかなとは思います。しかし、ファイナルサードのところでうまくシュートに持っていけなかったり、

ゴールを取れなかったりというところがありました。

ラストパスがズレてしまうとか、押し込んだ後のところが改善点として残る試合だったと思います」

[質疑応答]
(あと少しパスやタイミングが合えばビッグチャンスになっていたシーンが多かったと思うが、最後の部分をどのように改善していきたいと考えているか?)

「まずはしっかりと、練習をして積み重ねていくことが大事になってきます。

それと、なかなか簡単ではないと思うのが、最後の部分に関してはコンセプト的な要素、考え方、

それから選手同士のシンクロとか、そういうところが絡み合っている部分です。

今日の試合では、たとえばGKとDFの間に速いボールが入っても誰も触れなかったとか、いいボールが入っても合わせきれない、

そういうところがあったので、今後も練習しながら改善していければと思います」

(柴戸 海選手をハーフタイムで交代させたが、交代させたくはなかったと思う。彼の負傷の状態については?)

「まず、彼は痛みがあって、大事に至らないようにということで交代をしました。彼自身はすごくチームの助けになっていて、

今日の試合で言うと相手のカウンターの芽を摘む、そういう潰しができている選手だったので、

チームとしてはボールを持って試合をコントロールする上で大事な役割を今日もできていたと思っています。

後半に関しては彼を代えて前線の枚数を増やしましたが、そうすることによってもちろんメリットとデメリット、

やれることとどうしても薄くなってしまうことが出てきてしまいます。

ハーフタイムに交代するかどうかというところもあったので、そういった決断をして、

まずは1点を取って同点に追いつこうという考えの下、交代をしました」

(次は連戦で大会が変わり、YBCルヴァンカップのグルースステージの大事な試合を迎えるが?)

「まずはグループステージを突破するために勝ち点が必要なので、しっかりと目の前の試合を戦って勝ちたいと思います。

大事な試合なので、目の前の試合を勝って、さらに上のステージを目指していけるようにしたいです。

まだ順位的には突破できないので、しっかりと突破できるところに立てればと思います」

nextmatch_0505_sptop.jpg

次戦5月5日(水・祝)16時(A)三協フロンテア柏スタジアム JリーグYBCルヴァンカップ GS 第5節 vs柏レイソル

次こそしっかり決めてGS突破へ。

501r_3.jpg

501r_2.jpg

501gr_3.jpg

501r_1.jpg

501gr_4.jpg

501gr_1-1.jpg

501gr_2.jpg

501r_4.jpg










posted by owemyown at 15:56| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

2021YBCルヴァンカップ GS 第4節(H) vs 湘南ベルマーレ

nextmatch_pc_20210428.jpg

JリーグYBCルヴァンカップグループステージ 第4節 vs 湘南ベルマーレ

2021年4月28日(水) 18:03キックオフ・埼玉スタジアム@フジテレビNEXT

7820.jpg

前戦からメンバーを10人入れ替え藤原選手が埼スタデビュー

立ち上がりから敵のプレッシャーに困惑してバックパスが多くなかなか仕掛けられない状態が続き

攻め手に欠く

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

227rica.jpg

・「ボールを受けるタイミング、持ち運ぶタイミングを意識しよう」

・「より高い位置で攻撃し、相手の背後を狙おう」

・「お互いに助け合って、戦うところを大切にしよう!」

・HTに伊藤 敦樹選手→柴戸選手、 田中 達也→選手関根選手

・58分に阿部選手→岩波選手

・71分に伊藤 涼太郎選手→興梠選手、福島選手→明本選手

と攻撃の意味合いを持たせた交代であったが得点奪うことが出来ず。

7819.jpg

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

20210428_ricardo-1.jpg

「今回の試合に関して言うと、前半は相手のペースで、

どちらかと言うと最初の時間帯は我々のロストから相手がボールを奪ってそこからチャンスという形を自陣で作られてしまい、

逆にこちら側はそこまで大きなチャンスを作れないまま終わりました。

後半に関しては、前半よりは落ち着いたところも出てきて、チャンスも最後の時間帯は増えていったと思います。

興梠慎三のボレーシュートであったり、そういうところは出ましたが、今回の湘南(ベルマーレ)も堅い相手で、

守りがすごくできるチームですし、それを打ち破る、はっきりとした決定的なチャンスを作ることはできませんでした。

グループの首位に立つためには勝ち点3が欲しかったところではありますが、

今日の内容を振り返ってみると勝ち点1は妥当なところなのかなと思います」

次戦も中2日 5月1日(土)14時3分からベスト電器スタジアム 明治安田生命J1リーグ 第12節 vsアビスパ福岡

nextmatch_0501_pctop.jpg

20210428_gamereport_2.jpg

20210428_gamereport_3.jpg

20210428_gamereport_4.jpg

428r_2.jpg

428r_3.jpg

428r_4.jpg

428r_1.jpg

20210428_gamereport_1-1.jpg

この結果

JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ Cグループ
順位 クラブ名 勝点 試合数 勝 分 負 得点 失点 得失点
1 横浜FC 6 4 2 0 2 4 3 1
1 湘南ベルマーレ6 4 1 3 0 2 1 1
3 浦和レッズ 5 4 1 2 1 2 2 0
4 柏レイソル 4 4 1 1 2 2 4 -2

残りグループステージ2戦2勝すれば勝ち抜けでしょ。

勝てばいいんです。勝利を期待してますから。

やっぱり実況&解説無しがいい。




posted by owemyown at 10:55| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月26日

2021明治安田生命J1リーグ 第11節(H) vs 大分トリニータ

nextmatch_0425_pc.jpg

2021年4月25日(日) 16:03キックオフ・(H)埼玉スタジアム vs大分トリニータ @DAZN

7805.jpg

前半開始早々に何故そこにいるの?ってくらいのあがりで 西選手の先制点。

7803.jpg

山中選手のクロスにダイレクトでボレー!!

幸先良いぞって思ったがちょっと待てよ。このパターンて、いいイメージがない。

早い時間の得点って。。。。。。。

24分、41分と槙野選手にとっては不運であるが失点してしまい逆転された。

227rica.jpg

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

・「裏に抜けていく動きを増やそう」

・「相手のプレスを上手く引き付けるような駆け引きをしよう」

HTに杉本選手→伊藤選手の交代。

悪くないと感じたが、下がりすぎたのかな。

ペースは浦和が握った感が強くなった後半。

60分に山中選手→汰木選手と交代

得点が取れそうで取れない時間が続き

69分に武藤選手→興梠選手、関根選手→田中 達也選手と交代し更に攻撃の合図の交代かと。

7801.jpg

正面の少し遠い位置からのFK。小泉選手がゴール前へ送り一度跳ね返されたが、セカンドボールを拾い、

クロスの跳ね返りからボールは再び小泉選手のもとに。ゴール前に送られ槙野選手が倒れ込みながら右足で合わせゴール左へ。

同点に!逆転勝利に向けてさらに場内の応援もヒートアップしたのが伝わってきた。

左サイドバックにポジションを下げていた明本選手が汰木選手からのパスを受けて左サイドを突破。

グラウンダーのクロス。ニアサイドに走り込んだ小泉選手が右へボールを送ると、走り込んできた田中達也選手が左足で豪快に蹴り込み逆転。

7802.jpg

西選手、田中達也選手と移籍後初ゴール!!​

90+6分 小泉選手→阿部選手

相手のコーナーキックの連続を西川選手のセーブで何とかしのぎ切り試合終了!!

7804.jpg

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica425-1.jpg

「今日の試合の入りは良かったと思います。ゴールも取れていい崩しも見られたと思ったのですが、

先制点が入ったことによってリラックスが出てしまった、少し緩んでしまったところがあるのかなと思いました。

その中で逆転された状態から後半に入ったわけですけれども、しっかりと全員がまた立ち上がって入ってくれて、

そこから盛り返すことができました。スタートで出た選手だけでなく、

途中から入った選手も含めて全員でチームとして戦うことができました。

前半は相手の前でボールを動かすだけだったところを、内側であったり背後であったり、そういった崩しができたのかなと思います。

こういった難しい試合で勝ち点3を取れたことを、また次につなげていきたいと思います」

更に「彼(西選手)は本当に我々にとって、チームをうまく回すのに必要な存在だと思います。

回すのはボールの動かしであったり、ビルドアップ、それから使っていきたいスペースを読む力もありますし、

ゴールのシーンもそうですが、クロスのシーンで、そういうところを見つけて入っていける力もあります。

彼の何よりの特長は、プレーの流れの理解力と言いますか、先を読む力、

そういうところがチームにとってすごくいい方に働いているのかなと思います」

と、かなり評価しています。

確かに敵の時は本当に嫌いで嫌な選手でしたが、仲間になると心強いとかんじてまさに興梠選手の時と同じ感想を持ってます。

次戦は中2日、4月28日(水)18時(H)埼玉スタジアムJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第4節 湘南ベルマーレ戦

nextmatch_pc_20210428.jpg

メンバーの変更もあるだろうけど誰が出ても同じ戦いができると思うので勝利を!!

ただDAZNなのかJリーグ側なのかもう実況、解説なくてもよくないかい?

音声選択で場内音声だけにしてほしい(中継後毎回要望メール送ってるけどね)

425r_4.jpg

425r_3.jpg

425r_2.jpg

425r_1.jpg

425vsot_4.jpg

425vsot_3.jpg

425vsot_1-1.jpg

425vsot_2.jpg





posted by owemyown at 20:55| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

2021JリーグYBCルヴァンカップ GS 第3節(A) vs 横浜FC


7691.jpg

JリーグYBCルヴァンカップグループステージ 第3節

2021年4月21日(水) 19:03K.O(A)・ニッパツ三ツ沢球技場vs横浜FC@フジテレビONE

中2日の相変わらずの連戦が続く中での開催。

画面からは明らかにアウェーサポのほうが多いように映ってる。

スタメンはそうなるだろうと9人入れ替えだが、工藤選手を抜擢。しかも本職のMFではなくセンターバックでの起用

ユースの17歳公式戦初出場。藤原選手よりも良かったのと思ったがそこは監督の想いでしょう。

7732.jpg

そして2TOPは興梠選手と杉本健勇選手。

敵は監督が変わり試合運び(守備)の仕方が変わって要注意なのだが14分にあっさりと失点。

最後誰がと言うことではないようだがちょっと不用意かな。

工藤選手も緊張でやや硬いように見えた。

何度か興梠選手のシュートも見られたが得点には至らず惜しい。

彩艶選手のセーブにも救われこのままかと思ったが、

が、前半終了間際宇賀神選手のサイドチェンジのパスから福島選手のクロスに

ヘディングはこうだよと言わんばかりのお手本のような杉本健勇選手の得点。

7733.jpg

やっぱそう、それだよってTVに向かって大きく叫んでた。

前半終了時に何とか引き分けまでもっていった。

227rica.jpg

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

・「裏への抜け出しや逆サイドへの展開をやり続けること」

・「GK含めてしっかりとビルドアップしていこう」

・「そのまま続けて点を取りにいこう」

HT 岩波選手→槙野選手、金子選手→阿部選手と交代。

工藤選手にとっては組手が槙野選手になってまた新たなお手本と一緒に試合中に成長が見らえた。

57分に工藤選手の縦パスを汰木選手がワンタッチで左へ、福島選手の低いクロスをファーサイドの田中達也選手がワンタッチで折り返し、

見たかこれが杉本健勇だ!!

と言ったかどうかは知らないが、またしてもヘディングでゴール。

7733.jpg

鮮やかな攻撃で逆転に成功した。

杉本健勇選手はゴール前が最適なポジションだと思う。

CR7みたいにゴール前で待っていればいいんだよ。決められるんだから。って勝手な妄想していた。

その後もハットトリックかっていう惜しいシュートもあった。

74分に汰木選手→伊藤 涼太郎選手に交代。

今日の汰木選手は自由自在に中から外、外から中と動き回っていい感じだったように見られた。

一時守勢に回る時間もあったが、

80分に興梠選手→明本選手

84分に福島選手→大久保選手と試合を閉めにかかってていうか

この時間に明本選手とか出てきたら相手にとっては反則としか思えないだろうな。

このまま試合終了で今季初の逆転勝ち&ルヴァン初勝利

7735.jpg

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

20210421_ricardo-1.jpg

「全体的にすごくいい試合ができたと思います。今回、このアウェイの地でしっかりと逆転勝利できたことはすごく大きなことだと思います。

攻撃のところで何本かチャンスを作ることもできましたし、ゴール前までたどり着けているシーンもありました。

ディフェンスをするときもしっかりとチーム全体で守れたと思います。チーム全体としてやるべきこともしっかりできていますし、

今まで出場機会が少なかった選手、またはなかった選手も含めて全員がしっかりとやりながら、

今構築しているスタイルをしっかり表現できた試合だったと思います」

杉本選手は福島選手のクロスをしっかり決めて彼の落ち着きを取り戻してあげようとと言ってたし、

決めた後でも細かな支持をしていたシーンが映っていたからいい関係だなって思ってたら、

当の福島選手は慎三選手に合わせたって言っててちょっと笑った。

絶対間違いなく浦和は良くなるよ。

そう思わせる試合だった。

次戦は4月25日(日)16時(H)埼玉スタジアム 明治安田生命J1リーグ 第11節 vs大分トリニータ

nextmatch_0425_pc.jpg

20210421_gamereport_4.jpg

20210421_gamereport_2.jpg

20210421_gamereport_3.jpg

421r_4.jpg

421r_1.jpg

421r_2.jpg

421r_3.jpg

20210421_gamereport_1.jpg




posted by owemyown at 14:00| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月21日

2021明治安田生命J1リーグ 第10節 (A)vs セレッソ大阪

next_20210418_pc.jpg

明治安田生命J1リーグ 第10節

2021年4月18日(日) 15:03キックオフ・ヤンマースタジアム長居 vsセレッソ大阪@DAZN

7692.jpg

7693.jpg

スタメンは武田選手と柴戸選手が入れ替わりベンチに田中達也選手。その他は同じ。

当面はやはりこのメンバーが主流なのか。

前半主導権を握っていたが結果この間に点を決めきれなかったことが原因か。

227rica.jpg

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

・「相手を引き出しながら、もう少しボールを動かしていこう」

・「スピードの緩急を付けていこう」

HTに伊藤 敦樹選手→興梠選手と早々に動いた。

やはりボールが収まるところがなかったのか。

ボールを保持できているがゴールがない。

えてしてこの展開は嫌な予感しかしないのだが。

66分にコーナーから失点。

84分に武藤選手→杉本選手と交代

が、結果そのまま終了

7689.jpg

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica418-1.jpg

「前半に関しては、ファイナルサードのところまではすごくいい崩しがあり、ゴール前まで行けていましたけれども、

最後のところで一つひとつがズレてしまいました。運ぶところであったり、ラストパス、シュート、

そういったところがうまくいきませんでした。

後半に関しては少しリスクを冒して中盤の選手を外し、前線の選手を入れてゴール前での違いを作れる状況を狙って、

交代も含めて行いました。悪くはなかったのですが、相手にゴールを決められてしまいました。

ただ、ゴールを決められた後もしっかりとやるべきことはやれていました。前半もそうでしたけど、

後半も最後の最後のところでなかなかゴールまで持っていけないところがあり、そこが今後の課題になってきます。

途中から槙野(智章)を前線に入れて、そこからは少しやり合いのような形になってしまいました」

7690.jpg

徳島に負けた相手に負けた浦和ってどうなの?って思いながら今の順位を表しているのかと。

7691.jpg

次戦は4月21日(水)19時3分からアウェイのニッパツ三ツ沢球技場でYBCルヴァンカップ グループステージ 第3節 横浜FC戦となる。

418cor_04.jpg

418cor_3.jpg

418cor_2.jpg

418cor_1.jpg

418r_4.jpg

418r_2.jpg

418r_1-1.jpg

418r_3.jpg















posted by owemyown at 01:37| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

2021明治安田生命J1リーグ 第9節(H) vs 徳島ヴォルティス

7555.jpg

明治安田生命J1リーグ 第9節 vs 徳島ヴォルティス2021年4月11日(日) 16:01キックオフ・(H)埼玉スタジアム@DAZN

7623.jpg

前節からのメンバーの変更はスタメンに柴戸選手に変わり伊藤敦樹選手のみ。

いい流れの中メンバー変更をしないということか。

10分にいきなり選手交代。

武田選手→杉本選手

ボールを奪いに行った際に足首が嫌な方向にひねったみたく担架でピッチを後にする。

大事に至らなければいいのだが。。。

ボール保持はやはりいてが上回っていたが何とかしのぎ行ったり来たりの状態で0−0のままハーフタイムへ。

40分くらいから良いペースになったのだが。

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

227rica.jpg

・「パスコースを消しながら寄せて追い込もう」

・「ピッチを大きく使っていこう」

・「プレスに来た相手の背後のスペースを使っていこう」

・「相手のスピードも速いが、こちらももっとスピードを上げていこう」

敵の寄せが予想以上に速いのか追い込まれてのロングボールとかバックパスとかが前節までより多い気がする。

ダイレクトのパスも少ないし身体が重く見て取れる。やはり連戦の影響だろうか。

だが60分に待望の先制点

コーナーを小泉選手からのショートコーナーで山中選手へ。

山中選手からのクロスで関根選手のヘディングで今季初ゴール!!

7624.jpg

杉本選手、槙野選手、岩波選手がPA外に位置取りをし守備を混ぜていたので何かするのかと思ったら

そこに合わせてけってくる山中選手も凄いな。

関根選手の喜びようも見ていてうれしさ倍増

その後は比較的落ち着いて試合を見られるようではあったが結果追加点も取れず、

85分に武藤選手→柴戸選手

ということは並びも変えて守り切ると。

90+5分 関根選手→宇賀神選手で、そのままタイムアップ。

関根選手が敵と何やらピッチを出るとき迄言い合っていたのはよっぽど何か気に入らないことを言われたのだろうか?

7625.jpg

3連勝(2年ぶりとか) 連続完封

得点がセットプレーのみの1点とはまだまだだが、確実に成果が上がっているということか。

交代も3名のみと言うのが気になるが中6日空くのでリカバリーも順調にできると踏んでの事だろう

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica411-2.jpg

「前半、武田(英寿)の負傷によってチームに混乱が生まれてしまったのかなと思います。

その理由としてはシステムの変更などがあったためで、前半の終了間際くらいまではうまくいかないまま時間がたっていってしまいました。

ただ、最後の時間帯にはクロスバーにシュートが当たるシーンがあるなど、チャンスも作れていました。

前半の内容は、徳島(ヴォルティス)の方が上回っていたと思います。

後半に関してはそこの修正などの話をして、より前からのプレスもハマるようになりましたし、ボールを持つことも、

前半よりできるようになったと思います。ゴールが入ってからは守る時間でも、相手のクロスへの対応などで堅い守備ができたと思います。

この試合はやはり、そういう細かいディテールの部分がものを言う試合だったと思います。

徳島にしっかり勝てて良かったです。彼らもいい試合をしていました」

勝手な想像だがこの試合は絶対に勝利が必要だと思ったのではないかな。

次戦は4月18日(日)15時(A)ヤンマースタジアム長居 明治安田生命J1リーグ 第10節 vsセレッソ大阪

next_20210418_pc.jpg

相手も順位は上だが調子が良くない感じなので目指すは4連勝

20210411_西.jpg

411r_04岩波.jpg

20210411_武藤.jpg

411r_3明本.jpg

411r_2武藤.jpg

411r_1-1関根.jpg

20210411_関根.jpg

20210411_伊藤敦樹.jpg











posted by owemyown at 22:20| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

2021明治安田生命J1リーグ 第8節(A) vs 清水エスパルス

7549.jpg

明治安田生命J1リーグ 第8節(A)2021年4月7日(水) 19:03 キックオフ・IAIスタジアム日本平vs清水エスパルス@DAZN

7550.jpg

7551.jpg

スタメン&サブ共に前節と同じで、今シーズン初の連勝めざし何も変えなかった。

疲労がどう影響するか気になったが。

序盤からペースを握り、前節同様動きもいい。

ポジションも流動的でボールを持って動けば誰かがそこに入り、ボールを追いに行けばそこを誰かがカバーする。

見ていて楽しい。

が、なかなかごーうを奪えない中、前半40分山中選手のコーナーキック岩波選手がフリーでヘディングシュート。

見事にゴールを決めて先制点。

7552.jpg

2年ぶりのゴールらしいがそうだっけッて感じ。

でこのままハーフタイムへ。

227rica.jpg

リカルド ロドリゲス監督 ハーフタイムコメント

・「追加点を狙っていこう」

・「しっかり守れているので、後半も体を張って守ろう」

・「ビルドアップではいいポジションでボールを受けられている。継続していこう」

武藤選手もいい動きしているからゴールの予感を感じさせてくれているのだが

残何ながら68分に武藤選手→興梠選手の交代

で、入ってきて早速興梠選手が小泉選手?明本選手?に動き方のレクチャーを。

そういうところさすがだなって思った。

若干敵の圧力が強まった感があったが、

76分に武田選手→杉本選手、関根選手→宇賀神選手と交代

いい感じで試合が進んでいくがなかなか追加点が取れない。


84分に西 大伍選手→汰木選手、小泉選手→伊藤 敦樹選手に。

最後まで果敢に攻めに行った結果

伊藤敦樹選手のクロスを杉本健勇選手がダイレクトボレーで追加点。

7553.jpg


まさに見たか!!杉本健勇だ!!って感じのゴール

カッコいいシーンだった。

でこのまま試合終了。

7554.jpg

連勝で完封勝ちといい状態で試合を締めくくることが出来た。

リカルド ロドリゲス監督 試合後会見

rica407-1.jpg

「試合を通してうまくボールを握りながら支配できたと思います。最後の時間帯は相手にボールを握られることもありましたけど、

そこまでの過程でしっかりと相手のゴール前まで行き、前半はなかなか大きなチャンスを作れてはいないのですが、

その攻撃の中でセットプレーを獲得し、それをうまく生かせて前半を折り返せました。

後半に関しては、引き続き同じような入りをしていきました。先ほども言った通り、清水側も交代をしながら後ろからつなげる選手を入れ、

真ん中やエウシーニョ選手のサイドを使ってきて、相手にボールを持たれるシーンが出て来ました。ただ、2点目を取ることができて、

より落ち着いて試合を運ぶことができました」


(2点目のシーンは途中出場の選手が5人絡んだが、途中出場の選手が結果を出したことについては?)

「こういう勝利は常に、チームの勝利だと思っています。途中から入ってきた選手であったり、選手たち全員のプレー、

がんばりがあっての勝利なので、その意味ではすごくいい試合をしたと思っています。それから杉本健勇に関しても、

なかなか今までチャンスがあってもゴールに入らないところではありましたが、今日はあまり長い時間ではなかったですが、

その中の一つのチャンスをしっかりと決めてくれましたので、杉本健勇のゴールも本当にうれしく思います」

能力はあるんだからね。杉本選手。

試合後のインタビューでは涙目になっていたようにも見えたがそれほどプレッシャーを感じていたのかと。

でももうここから吹っ切れて興梠選手と得点王を争って時のような活躍を期待してうからな。

次戦は4月11日(土)16時埼玉スタジアムで監督古巣との明治安田生命J1リーグ 第9節 徳島ヴォルティス戦となる。

7555.jpg

手ごわい相手と思うが連勝を伸ばしていくと信じてる。

2021407明本.jpg

20210407明本2.jpg

2021407敦樹.jpg

2021407山中.jpg

2021407杉本.jpg

20210407柴戸.jpg

20210407武藤.jpg

20210407武田.jpg






posted by owemyown at 00:04| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

2021明治安田生命J1リーグ 第7節(H) vs 鹿島アントラーズ

403PC.jpg

明治安田生命J1リーグ 第7節 (H)vs 鹿島アントラーズ2021年4月3日(土) 15:04キックオフ・埼玉スタジアムvs 鹿島アントラーズ@DAZN

20210403 starting11.jpeg

前節から大幅にスタメンを変えてきた。 ようやく西選手がスタメンに。

そしてサブにユースの工藤選手が。

2021ユース工藤孝太.jpg

阿部選手がベンチ外と少し気になるところです。

ようやくスタメンの西選手1TOPに武藤選手を期待しかない。

序盤からレッズペースの試合展開。ボランチの組み合わせの効果かも。

ボールも人も良く動くし判断も早い気がする。

EyB6yJWVIAEh5kP.jpg

37分に明本選手の浦和での初ゴールが決まる。

小泉選手から逆サイドの西選手に。西選手から中央奥へ浮き球のパス。

そこに走りこんできた明本選手がズドーーーーン!!!

みごとな流れの中でのゴール。

明らかに前節までよりいい。

このまま追加点と思いきや前半終了間際に失点

227rica.jpg

リカルド ロドリゲス監督ハーフタイムコメント

・「内容はとても良い。やりたいことができているので続けていこう」

・「サイドの幅もとりながら、相手DFの背後も狙っていこう」

・「自分たちのプレーに集中しよう」

そう集中してやりたいことが出来ているからもっと行こう。

後半もレッズペースで試合が展開。

66分に明本選手が仕掛けたところを倒されてPK獲得

それを槙野選手が決めて引き離す。

EyCFI5MVoAIZrFS.jpeg

68分に武田選手→伊藤 敦樹選手に

関根選手が飛び込んで3点目かと思ったのだが、ボールを奪ったところで武藤選手がハンドをしていたらしく取り消しに。

でも結果いい流れのままである。

74分にはいい動きのできていた武藤選手→待ってましたと興梠選手に

小泉選手→杉本選手の交代も。

興梠選手の動きは相変わらずいい動きが出来ている。

興梠選手のプレスからボールを杉本選手がカットしてキーパーと1対1のところを大きく外してしまいトホホって感じでしたが。

86分に負傷したのか関根選手→宇賀神選手へ

まぁでも敵も動きが悪くこのまま試合終了。

EyCMkFsVIAIXhGi.jpeg

やっぱり勝つと嬉しいですね。

ロドリゲス監督のお誕生日をめでたく祝うことが出来た。

敵の時は本当に嫌で憎かったけど味方になれば本当に心強い西選手。

rica403-1.jpg

リカルド ロドリゲス監督 鹿島戦試合後コメントで

「まず、前半はすごくいい入りができて、いい攻撃、そして相手のゴールに迫っていけていたと思います。残念だったのは前半の終了間際、

リードして後半を迎えればというところで失点してしまったことです。ただその失点も、後半に向けてさらに引き締めるきっかけになったのかな、とも捉えることができると思います。

後半に関してはPK以外のところで得点が取り消されるシーンがありましたが、そういったところでチャンスを作れていたので、

すごく良かったと思います。ディフェンスも、セットプレーで危ない場面がありましたが、

流れの中ではしっかりと堅く守れていたと思います。すごくいい試合、コンプリートな試合ができ、

パフォーマンスは良かったので、これを基準に続けていければと思います」

次戦は4月7日(水)19時からアウェイのIAIスタジアム日本平で行われる明治安田生命J1リーグ 第8節 清水エスパルス戦

この調子でさらな高みを目指してほしいです。

nextmatch_0407_pc.jpg

やっぱ汚いプレーしかできないチームとまともなレフェリングが出来ない主審とかは不要だと思いました。

VARももっとちゃんとできないものかね。

あと、スタジアムの雰囲気凄くいいモノを作ってくださっていたサポーターの皆さんには頭が下がります。

準備すごく大変だったんだろうな。

いつかまた行けるといいな。埼スタへ。

20210403_1明本.jpg

20210403武田.jpg

20210403明本.jpg

20210403_2西.jpg

20210403槙野.jpg

20210403_4山中.jpg

20210403_3柴戸.jpg

20210403関根.jpg



















posted by owemyown at 00:40| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

2021 JリーグYBCルヴァンカップ GS 第2節(H)vs柏レイソル

kv_20210327.jpg

JリーグYBCルヴァンカップグループステージ 第2節2021年3月27日(土) 15:03埼玉スタジアムvs 柏レイソル @フジテレビNEXT

前戦から中5日連戦の休養戦術浸透期間が取れたと思いこの一戦は勝てると楽観視していた。

7392.jpg

スタメン発表に喜び驚きが。

ExdTMyTVoAQkuHs.jpeg

2021 30 興梠慎三.png

スタメンに我らがエースが帰ってきた。

そしてようやく西選手がスタメンに。

2021 8 西大伍.png

左サイドバックが誰なの?スカパーでは3バック表示をずっとしていたくらいまさかの明本選手。

7390.jpg

やはり興梠選手が入るとボールが落ち着くし、さすが西選手と言った感が幾度か見られたが停滞感がやはり多い。

ボール持ってから考えてパスと言った流れになってしまう。ダイレクトパスや速いパスっていうのがほぼ皆無

興梠選手、杉本選手が下がりすぎ。

興梠選手がボールを後ろ向きに受けてもその周りに人が居ない。

田中達也選手、杉本選手の使われ方がまだフィットしていないのか。汰木選手も。

西選手から興梠選手へのクロスからのシュートのシーンは希望が感じられたが。

前半は0−0でハーフタイムへ

227rica.jpg

リカルド ロドリゲス監督 柏戦ハーフタイムコメント

・「サポートの質を高めて、前線のコンビネーションを使っていこう」

・「相手のサイドバックの立ち位置を見て攻撃しよう」

・「裏を取るチャンスがあるから狙っていこう」

・HT 田中 達也選手→小泉選手、 伊藤 涼太郎選手→汰木選手

と交代を。

小泉選手の動きもよくいい攻めを見せるシーンもあったがそれでも得点には至らず

69分に興梠選手→武藤選手に交代

その後も幾度かいい攻めを見せたが79分に失点。

失点直後の80分伊藤 敦樹選手→阿部選手

84分に西 大伍選手→関根選手に。

しかし結果無得点で終了

7389.jpg

リカルド ロドリゲス監督 柏戦試合後会見

rica327-1.jpg

「今日も残念ながら満足のいく結果を得られることはできませんでした。ただ、敗戦にふさわしくはなかったと思いますし、

それ以上のことが結果として得られる可能性があると思っています。ゴール前まで侵入するところもありましたので、

そういったところを改善点としてやっていきたいと思います。

ただ、彼らは1本のCKをうまく生かしてゴールを決めて勝利をとったという形になりました。

我々はここまで自分たちがやっている内容になかなか結果が伴ってこない、いい時間がありながらもなかなか結果につながっていかないということはありますが、

我々はやることは変わらず、しっかりと誇りをもって前に向かって進んでいくことが大事だと思っています」

「柏レイソルが中盤をダイヤモンドとする4-4-2できましたので、それに対してよりプレーできる選手を起用していきました。

サイドの選手がいたところを中央でのプレーを得意とする選手に代え、我々が使っていきたいスペースを彼らが使うということを狙いとして投入しました」

「大伍もプレーできる状態まで来ましたが、彼だけではなく興梠慎三や柴戸 海といった、

最近はなかなか試合に出られていなかった選手たちがピッチに立って長い時間プレーし、すごくいいパフォーマンスを発揮してくれました。

大伍だけではなくいろいろなところでポジティブだったと思います」


「ゴール前に関して言うと、もしかすると突破していくことは大事かもしれませんが、コンビネーションで崩すところや、

いずれにしてもゴール前でまだ足りないことがあると認識しています。フィニッシュまでいかにもっていくのか、おっしゃられた通り、

突破するのか、それともコンビネーションで崩すのか、そういったところのやり方を増やしていきたいと思います。

ただ、まだまだ長い道のりの一つの過程だと思っていますので、一つひとつ積み重ねていきたいと思います。毎試合やれているところ、

いいところは増えてきていると思いますので、そういったことを増やしていきながら、

相手に危険な場面をつくらせていなかったと思いますので、そこも続けていきたいと思います。彼らにゴールを決められてしまいましたが、

サッカーは自分たちが望んだ結果を必ず得られるわけではありませんし、そういった形で勝ち点3をとられてしまいましたが、

次の試合で勝利を手にできるようにしてきたいと思います」

7391.jpg

次戦は4月3日(土)15時4分埼玉スタジアム明治安田生命J1リーグ 第7節 鹿島アントラーズ戦

得点欠乏症が改善されていないな。

まぁ興梠選手が帰ってきたからあとは小泉選手明本選手大久保選手田中達也選手等の組み合わせ次第かな?

小泉選手ボールカット多いけどロストも多いのでそこをしっかりと修正してくれるとさらに良くなるんじゃないかな。

20210327 鈴木彩.jpg

20210327 西.jpg

20210327 明本.jpg

2021327 鈴木彩艶.jpg

2021327 田中達也.jpg

2021327 槙野.jpg

20210327 興梠.jpg

2021327 興梠.jpg





posted by owemyown at 18:58| Comment(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント